ターミナルウィンドウに雪を降らせよう!

2013年12月13日

ターミナルウィンドウに雪を降らせるコードがOS X Dailyに記載されていましたのでご紹介します。

ターミナルを起動して以下のコードをコピペして実行します。

ruby -e 'C=`stty size`.scan(/\d+/)[1].to_i;S=["2743".to_i(16)].pack("U*");a={};puts "\033[2J";loop{a[rand(C)]=0;a.each{|x,o|;a[x]+=1;print "\033[#{o};#{x}H \033[#{a[x]};#{x}H#{S} \033[0;0H"};$stdout.flush;sleep 0.1}'

snow_terminal

ターミナルウィンドウがそのまま”窓”に見立てられており時折雪が貼り付くのが芸が細かい。

Control + Zでプログラムを停止させます。コメントで教えていただきましたがControl + Cの方がプロセスが残らずスマートです。

クリスマスも近いですし、ウィンドウ下に積るのが面白いので是非お試しあれ。

スポンサーリンク