ターミナルからNVRAMに保存している情報を見たりクリアしたりする方法

2015年12月20日

NVRAMとはコンピュータに内蔵されている不揮発性メモリのことで、スピーカーの音量・画面解像度・起動ディスク・最近起きたカーネルパニックに関する情報などを保存しています。

起動時にCommand ⌘ Option P Rを押すとリセットでき、Macで不具合が起きた時の最終手段としてNVRAMクリアは一般的ですが、それの中身を見たりリセットしたりできるコマンドが、OS X Dailyに掲載されていたのでご紹介。

名前はそのものズバリで「nvram」コマンド。

nvram_command

NVRAMの内容をXMLフォーマートのまま表示するには以下のコマンドをターミナルで実行

nvram -xp

NVRAMの内容を人間に読みやすく表示するには以下のコマンドをターミナルで実行

nvram -p

ターミナルからNVRAMをリセット(反映には再起動が必要)

nvram -c

特定の値だけを削除(例ではSystemAudioVolume)

nvram -d SystemAudioVolume

スポンサーリンク