JavaScriptで高度にカスタマイズできるウィンドウマネージャ『Slate』

2013年3月7日

ホットキーでウィンドウサイズを変更・各ウィンドウを設定したサイズに変更・条件に応じてアプリを起動などができるウィンドウマネージャ。

設定をJavaScriptで書かなければならないので敷居が高いですが、JavaScriptをある程度理解でき自分の好きなキーバインディングでウィンドウ操作をしたいと思っている方にとっては天からの贈り物だと思えるほど便利。

Slate1

起動するとメニューバーにアイコンが表示されデフォルト設定ファイルが読み込まれます。

  • Option + 矢印でウィンドウサイズの変更
  • Option Shift + 矢印でウィンドウの移動
  • Command ⌘ Control + 矢印でデスクトップ端へ押し付け
  • Command ⌘ + 矢印で他のウィンドウへフォーカス
  • Command ⌘ + ESCで指定したウィンドウへフォーカス(Hint機能、下記画像参照)

自由自在なカスタマイズがしたいのならば「~/.slate」ファイルを作成してJavaScriptで設定を書きこむ必要があります。

Slate2

bind right:alt resize +10% +0

Optin + でディスプレイ解像度の10%のリサイズという感じ。

Slateの詳しい使い方については以下のサイトが詳しかったです。