Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Tag: 動画編集

動画ファイルをリサイズして書き出し『Video Resize』

カテゴリ:ビデオ仕事効率化現在の価格: 無料販売元:Carlos Chaparro対応OS:10.11以降ウィンドウにドラッグ&ドロップして読み込んだ動画ファイルを指定した画像サイズの動画として書き出す動画編集アプリ。人に渡す時やインターネットに公開する時にファイルサイズを落とせます。アスペクト比は保ってくれないので、事前に計算してアスペクト比を設定しないと変な動画になります。Mac App Store で見る...

読み込んだ複数枚の写真からタイムラプス動画を作成『Interval』

カテゴリ:写真ビデオ現在の価格: 無料販売元:Fabio Policarpo対応OS:10.10以降今月いっぱいだけ無料。同じサイズの複数枚の写真が入っているフォルダをこのアプリで読み込むと、タイムラプス(微速度撮影)動画を作成できます。専用アプリだけあってエフェクトをかけたりズームインやズームアウトもできます。Mac App Store で見る...

読み込んだ動画ファイルを傾けて書き出し『Movie Rotate』

カテゴリ:ビデオ写真現在の価格: 無料販売元:Jiulong Zhao対応OS:10.7以降QuickTimeで再生できる動画ファイルを読み込み、好きな角度だけ傾けて書き出せるアプリ。90°単位でしか傾けられないアプリが多い中、1°単位の調節が可能。傾けてできた余白は黒く塗り潰されます。Mac App Store で見る...

映画やドラマの動画ファイルにアートワークやあらすじ、出演者情報などのメタデータを付与する『iFlicks』

カテゴリ:ビデオユーティリティ現在の価格: 無料販売元:Jendrik Bertram対応OS:10.6.6以降さらに高機能な iFlicks 2 公開に伴い無料化。録画した映画やドラマなどの動画ファイルをウィンドウへドラッグ&ドロップすると、ファイル名から作品名を類推してThe Movie Databaseからアートワーク・あらすじ・出演者情報などを取得、動画のメタデータに埋め込むアプリ。iTunesで動画を管理している場合、かなり見栄えば良くなりますし...

撮影した動画からハイライトシーンを自動で抜き出し『Highlight Hunter Pro』

カテゴリ:ビデオスポーツ現在の価格: 無料販売元:Authentically Digital LLC対応OS:10.6以降期間限定で無料。ある工夫をしながら自分で撮影した動画からハイライトシーンを自動的に抜き出してくれるアプリです。ある工夫とは、何かしらの出来事が起こったり「ここが見せ場だな」と思った時に、少しの時間レンズを手で隠す(ちょうどこのアプリのアイコンがそうしているように)のです。そうするとハイライトシーン直後に画面が暗...

広告

広告