Homebrew CaskでApp Store外のアプリを楽々インストール

2015年12月18日

homebrew_cask

AppleのApp Store以外で配布されているアプリをインストールするには

  1. Googleなどの検索サイトで名前を検索して配布サイトを見つける
  2. ページ内のダウンロードリンクを見つけてクリック
  3. ダウンロードしてきたアーカイブもしくはディスクイメージの中にあるアプリアイコンをドラッグ&ドロップでアプリケーションフォルダへ移動させる

というような手順を経ないとインストールできませんが、それを自動的にやってくれる仕組みがHomebrew Caskです。

ターミナルを利用するので怖いと思ってなんとなく避けていましたが、いざ導入してみると拍子抜けするほど簡単でした。

Homebrew Caskの基本的なコマンド

まずHomebrewが必要なので事前にインストール。

Homebrew Cask自体をインストールするにはターミナルで以下のコマンドを実行

brew tap caskroom/cask

以下インストールされるアプリがmpvの例。

インストールしたいアプリによってmpv部分を置き換えてください。

Homebrew Caskでインストールできるアプリを検索するには以下のコマンドを実行

brew cask search mpv

アプリをインストールするには以下のコマンドを実行

brew cask install mpv

アプリをアンインストールするには以下のコマンドを実行

brew cask remove mpv

ダウンロードした一時ファイルを消すには以下のコマンドを実行

brew cask cleanup

Homebrew Caskでアプリがインストールされる場所

Homebrew Caskでインストールしたアプリは「/opt/homebrew-cask/Caskroom」に置かれ、そのエイリアスはまとめて「~/Applications」の中に作られます。

homebrew_cask1

なのでAlfredLaunchBarなどのアプリケーションランチャーには別途「~/Applications」フォルダを検索対象に加えてあげればOK。

Alfredには別途Homebrew Caskでインストールしたアプリを活用できるようにするコマンドもある模様

brew cask alfred link 

スポンサーリンク