Gatekeeperの許可リストにアプリを追加するターミナルコマンド

2015年8月25日

Gatekeeperとは、Mac App Storeからインストールするかユーザーの右クリック操作により許可されたアプリだけを起動できるようにする、セキュリティ強化の仕組みです。

そのGatekeeperの起動許可リストにターミナルからアプリを追加するコマンド、「spctl」がOS X Dailyで紹介されていたのでご紹介。

右クリックから開いて表示されるダイアログをぽちぽち操作するよりはキーボードですべて済ましたい人向け。

spctl_gatekeeper

Gatekeeperの許可リストにアプリを追加したい場合、ターミナルを起動して以下のコマンドを実行。

spctl --add /Path/To/Application.app

そうするとパスワードを要求するダイアログが表示されるのでパスワードを入力します。

Gatekeeperの許可リストからアプリを削除したい場合は、以下のコマンドを入力。

spctl --remove /Path/To/Application.app

「Applications」フォルダにフォルダアクションとして登録すれば、アプリケーションフォルダに移動したアプリは自動的にGatekeeperの許可リストに追加するという運用ができるかな。

スポンサーリンク