Mavericksにアップグレードした一部のMacBook Proでディスプレイにノイズが発生したりGPUPanicが頻繁に起きる不具合があります

2013年12月31日

彼女のMacBook ProがMavericksにアップグレード後にディスプレイノイズが頻発し、一定時間利用していると何も操作ができなくなり再起動せざるを得ない状態になっていました。

グラフィックボードが壊れたのかと思い、MavericksからSnow Leopardにダウングレードさせて使わせていたのですが、Appleちゃんねるに同種の問題が掲載されていて壊れていない普通のMacBook Proでも起こる問題なのだと認識しました。

OS X MavericksにアップグレードしたdGPU搭載のMacBook Proで画面が乱れたり、GPU Panicを起こし再起動する不具合?

MacBook ProはIGPというCPUに内蔵されたGPUと、dGPUというNVIDIAの独立したGPUが搭載されており、適宜自動的に切り替えることにより省エネかつ性能の高さを実現しているのですが、その切り替えがMavericksではうまくできなくて起こる問題だと推測されます。

Appleの公式サポートフォーラムではその不具合が起こった時のエラーメッセージが貼られており、MacBook Pro (15-inch, Mid 2010)でGPUPanic(GPUが原因のカーネルパニック?)が発生したようです。

具体的にはディスプレイにノイズが発生したり、ログインしてから数分後に(動作が重くなってきてdGPUへGPU切り替えが行なわれたためと推測される)何も操作できなくなったり、カーネルパニックが発生したりします。

MacBook Pro (15-inch, Mid 2010)以前もグラフィック関連の不具合があったし疑惑の機種です。

MacBook Pro (15-inch, Mid 2010)だけでなくdGPUを持っているMacBook Proなら起こりうる現象ですが、あまり不具合報告もなく一部の機種だけでこの不具合が発生しているようです。

不具合が発生してしまう機種でMavericksを使うためにはgfxCardStatusという使用GPUを固定するアプリでIGPだけを使うように設定するしかありません(手元に検証機がないので未検証)。

スポンサーリンク