「確実にゴミ箱を空にする」に相当するターミナルコマンド

2015年10月17日

フラッシュストレージに悪影響があるとしてEl Capitanでは使えなくなった「確実にゴミ箱を空にする」。

僕はEl Capitanを使っていながらも内蔵ストレージは昔ながらのハードディスクだし、あんまり使っていなかったけれどもなくなってみると寂しいなと思って調べてみたらOS X Dailyで、指定したフォルダやファイルを復元できないように確実に消去する「srm」というコマンドが紹介されていたのでご紹介。

How to Use “Secure Empty Trash” Equivalent in OS X El Capitan

How to Use “Secure Empty Trash” Equivalent in OS X El Capitan

Many Mac users have noticed that the Secure Empty Trash feature has been removed in OS X El Capi ...

おそらく「確実にゴミ箱を空にする」の実質的な中身だと思われます。

El_Capitan_srm

使い方を間違えるとファイルを確実に消す「srm」コマンドは最悪の結果をもたらすので以下自己責任でお願いします。

指定したファイルを確実に消去するには以下のコマンドをターミナルで実行。

srm -v /path/to/file

指定したフォルダを中身とともに確実に消去するには以下のコマンドを実行。

srm -rv /path/to/folder

El Capitan以前の「確実にゴミ箱を空にする」のようにゴミ箱(ホームフォルダの.Trash)の中身のファイルを全てsrmコマンドの対象とするAppleScriptも考えてみました。

スポンサーリンク