ゴミ箱にplistファイルが入ったら自動的にcfprefsdプロセスを殺す『KillCfprefsd』

2014年2月8日

Mavericksには設定ファイル(.plist)をアプリケーション起動中に削除してもキャッシュから復活させる機能(cfprefsd)が備わっており、アプリケーション開発やアプリのリセットやアンインストールの妨げになっています。

悪意のあるアプリに設定ファイルを改竄されないためのセキュリティなのですが、普通に使っている分には厄介なのでゴミ箱に設定ファイルが入ったら自動的に「kill cfprefsd」コマンドを実行してくれるのがこのアプリです。

KillCfprefsd

メニューバー常駐型なので特にやることはありませんが、メニューバーアイコンをクリックして「Run the kill command」から能動的にcfprefsdプロセスを殺すこともできます。

スポンサーリンク