独自のURLスキームを設定してAppleScriptやシェルスクリプトを実行『LinCastor』

2013年9月19日

URL(URI)スキームとは

<スキーム名><://>[?<クエリー>][#<フラグメント識別子>]

というような書式でリソースを識別する文字列で、URLスキームを開くとそれに応じたアプリがクエリやフラグメント識別子を受け取って起動します。

iPhoneアプリのランチャーで指定するアレと言えば理解していただける方も多いでしょう。

http://」もWebブラウザに引き渡されるURLスキームの一種ですし、「ical://」ならばカレンダーが起動、「dict://cat」ならば辞書にて「cat」を検索します。

そういった便利なURLスキームを独自に作成して管理できるのがLinCastorです。

設定されたURLスキームがWebブラウザやopen コマンドで開かれると、AppleScriptやシェルスクリプトを実行、もしくは値を指定したアプリケーションへ引き渡します。

LinCastor

iPhoneと同じようにランチャー経由からさまざまなことをしたり、シェルスクリプトから「open コマンド」を利用してURLスキームを開きさらに別の処理をさせるという使い方ができます。

スポンサーリンク