Launchpadからアプリを削除するだけでApplication Support以下のファイルを全消ししてしまうバグが見つかる

2014年11月1日

2014/11/01 23:47 追記:Yosemiteとタイトルに入れてしまいましたがYosemiteだけとは限らないのでタイトルと本文修正。

Twitterで話題になっていて知ったのですが、Launchpadからのアプリケーションのアンインストールは深刻なバグがあるようで、Mac App Storeからインストールした特定のアプリ(今回判明した例ではCoffitivityですが他にもある可能性あり)をLaunchpad経由で削除すると「Application Support」以下のファイルを全部消してしまいます。

「Application Support」フォルダは各種アプリの設定ファイルを保存しておく所で、ここが消えてしまうと大部分のアプリの設定が吹き飛ぶという大惨事が起こります。

LaunchpadからのアプリのアンインストールはApplication Supportフォルダ以下の関連フォルダも消す仕様ですが、アンインストールしたいアプリとの関連性はCFBundleDisplayNameという属性から判断されます。

ですがCFBundleDisplayNameが空の場合、関連フォルダが特定できずその上の階層から消してしまうというバグのようです。

CFBundleDisplayNameはアプリ開発者が付けるもので、うっかり付け忘れることは他のアプリでもあり得るので、セキュリティアップデートが来るまでLaunchpad経由でのアプリのアンインストールは控えたほうが良さそうです。

スポンサーリンク