各種スクリプト言語からCocoaなGUIを利用できるようにする『cocoaDialog』

2013年6月29日

OS X独特なCocoa GUIを簡単な記述で呼び出せるコマンドやアイコンを内包したアプリです。

Ruby・Python・Perl・シェルスクリプトから利用すれば、普通のCocoaアプリと同じようにダイアログから引数を入力してコマンドを実行したり、ダイアログで結果を受け取れたり、処理が終わったら通知を表示させることができます。

cocoaDialog1

cocoaDialog2

表示できるGUIパーツは

  • テキスト表示ダイアログ
  • テキスト入力ダイアログ
  • ボタンダイアログ
  • リスト選択ダイアログ
  • ファイル選択・保存ダイアログ
  • Growlのような通知
  • プログレスバー

など。

「CocoaDialogコマンドのパス Runmode オプション」というコマンドを打ち込めば様々なGUIパーツが利用できます。