選択したMarkdownテキストをHTMLに変換してWeb上に公開『Loose Leaves』

2015年8月20日

ドラッグで範囲選択したMarkdownテキストを、HTMLに変換、Webページとして公開するためのメニューバーアプリ&サービスです。

投稿したテキストはmacのアプリからいつでも削除できるので、Twitterなどのソーシャルサービスに長文を投稿するためのサービスとして使えそう。

Loose_Leaves

アプリをインストールすると「New Leaf from Selection」というサービスがシステムに追加されるので、コンテキストメニューやホットキー(デフォルトではCommand ⌘ Shift + C)からMarkdownテキストをサイト上に投稿できます。

投稿が終わると通知センターへバナー表示され、そのURLがデフォルトWebブラウザで開きます。

メールアドレスのみでユーザ登録を行えて、投稿したテキストを削除するにはそのテキストをWebブラウザで開き、右上に表示されるゴミ箱アイコンをクリックします。

Loose Leaves
Loose Leaves
Developer: デベロッパ:Jesse Lamb
Price: Free

スポンサーリンク