スクリーンショットのファイル名を撮影時のアプリやウィンドウタイトルの名前に変更『Tiny』

2015年6月7日

メニューバーに常駐させておくと、Command ⌘ Shift + 4などで撮影するスクリーンショットのファイル名をよりスマートな物に変えてくれるアプリ。

撮影時アクティブになっていたアプリ名、ウィンドウタイトル名、開いているURLなどの情報がスクリーンショットのファイル名に埋め込めまれます。

どのようなアプリや環境で撮影されたのかがファイル名から分かるし、後から目的のスクリーンショットを探す際にも便利。

Tiny

ファイル名の書式は設定から変更することも可能です。

スポンサーリンク