Webサイトで特定の単語やURLを含むページを開いたらタブを閉じる『Website Blocker』

2014年5月6日

設定した特定の単語やURLを含むページをWebブラウザで開こうとすると自動的にそのタブを閉じてしまうアプリです。

作業中に気を散らされてしまわぬように自発的に中毒性の高いサイトをブロックしたり、バックグラウンドで動かせるので子どもの教育に相応しくないようなサイトをブロックしたりできます。

Safari・Firefox・Google Chrome・Operaで利用可能。

Website_Blocker

「Website Blocker」を起動すると設定画面が開き、バックグラウンドプロセスの起動・停止、単語やURLの設定ができます。

日本語でページタイトルを指定してみましたが上手く動作しなかったので、英語しか使えない模様。

スポンサーリンク