Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

CocoaTube

CocoaTubeのアイコンYouTubeの動画(.flv)をavi形式に変換


dpsさん経由で知りました。
aviは最もありふれたフォーマットなので、変換しておくと便利かも。

CocoaTube


動画コーデックは「DivX4+」と「Xvid」から選べます。

僕の環境では書き出し先のフォルダを選ぶ挙動が変でした。
フォルダを指定して書き出ししようとするとApple Scriptエラー、「/」を選択するとデスクトップに書き出されるといった具合。

ダウンロードは
OSXDEV.ORG Swikiさんの
「Projects」>「CocoaTube」>「Download」より
ダウンロードする

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

2 Comments

Bird  

Safari Standを使っているのでコマンド+クリックでダウンロードして、こちらで知った何でもありコーデックパック?!を入れているのでそのままQTで再生していますが、持ち出し用としてはiSquintでMPEG4に変換しています。著作権に問題があるとは思うのですが、高画質のPVも結構あったりして…。

2006/11/12 (Sun) 14:59 | EDIT | REPLY |   

ヴェアダル  

Perianは本当に便利ですよね。

2006/11/14 (Tue) 00:47 | EDIT | REPLY |   

Add your comment