Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Carbon Emacs

Carbon EmacsのアイコンEmacsをOSX環境で快適に使う。


Emacsとはワープロから統合開発環境までを賄う、凄い可能性を秘めたテキストエディタです。
Emacsだけで、ほとんどすべてのことができます。

だけれども、OSXではターミナル上でしか使えず、日本語入力環境を整るのが面倒くさくて、あまり使ったことがなかったのですが、Carbon Emacsはディスクイメージからドロップするだけで、すぐに使えて便利。

Carbon Emacs1


僕もEmacsに疎いので勉強中です。Emacsの使い方は以下のサイトを参考に


一番興味をひかれたのは「howm」です。

Emacs 上でメモを書きちらかすための環境. 「整理のプレッシャーを感じず気軽に書ける」を第一目標とし, そうしてできあがる「断片的メモの山」を検索メインで閲覧する. ぱらぱら一覧+連結表示で検索結果を眺めやすいこと, リンクや予定表も検索で実現すること, などが特徴.



Wiki的な使い方ができたり、ToDoリスト、GTD的な使い方ができたり、これ以上ないというくらい便利なメモだと思います。

Carbon Emacsのウィンドウの「Help」>「Carbon Emacs Package」>「Net-Install」>「howm」から簡単にインストールできます。
もしくは公式サイトからダウンロードして自分でmakeすることも可能です。

そして、「~/.emacs」(ユーザホームに.emacsという名前のファイルを作る)を編集します。

(add-to-list 'load-path "/usr/share/emacs/site-lisp/howm/")
(setq howm-menu-lang 'ja)
(require 'howm-mode)


上記のように書いたら「~/.emacs」ファイルを保存します。

あとはEmacs上でcontrol+c , ,でhowmが使えます。

Carbon Emacs2


ブログの一記事では説明しきれないので、以下のサイトを参考に
なんかhowmのことばっかり書いてしまいました。
しかし、この他にも数え切れないほどの便利な機能があるし、まったくEmacsは奥が深すぎますねぇ。

ダウンロードは
S. Zenitani's WebSiteさんの
「Carbon Emacs」>「Download Emacs」より
ダウンロードする

追記:コメントで教えて頂きました最新ビルドでは最初からhowmが含まれているそうです。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

1 Comments

通りすがり  

howm

最新版(Carbon Emacs 2007年1月版)では、最初から howm が含まれています。

2007/01/09 (Tue) 13:43 | EDIT | REPLY |   

Add your comment