Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Backuplist+

backuplist+のアイコン外付けHDからの起動も可能なバックアップをとる


使いやすくて、わかりやすいです。

backuplist+1


まず、バックアップ先を「Destination」で選択して、後は「+」かウィンドウへバックアップしたいフォルダをドロップで登録できます。

「A」でアプリケーションのセッティング、「S」でシステム環境関連のバックアップが自動的に登録されます。
これを自分で編集したい場合は「File」>「Edit Application list or preference」で編集できます。

「Settings」で環境設定をできます。
スケジュールで自動的にバックアップできたり、バックアップの方法をAppleScript、ditto、rsyncの内から選ぶことができます。
個人的にはデフォルトのrsyncのままがお勧め。

また外付けHDから起動可能なバックアップを作成することが、自分の内蔵HDを選択することで可能ですが、作成する上でのいろいろな注意点がありますので「Important-read.rtf」と「Important-read.rtf」をよく読んでから実行してください。

backuplist+2


「File」>「System clone exclude list」でバックアップから除外するリストが編集できるので便利です。

ダウンロードは
Free Macintosh Software downloadsさんの
「Macintosh Software」>「Backuplist+」>「Download」より
ダウンロードする

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment