Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

各種Webサービスのコンテンツを串刺し検索してその場で表示『WhereDat』

カテゴリ:ビジネス仕事効率化
現在の価格: ¥600
販売元:WhereDat, Inc.
対応OS:10.9以降


各種Webサービスのログインしないと得られないようなコンテンツデータを串刺し検索して一覧表示するアプリ。

各種WebサービスをそれぞれWebブラウザのタブで開いて検索していくよりも、このアプリの利用だけで目的のファイルなりコンテンツを探し出せれて便利。

WhereDat

対応サービスはとても多くて以下の通り。

  • Trello
  • Box
  • Outlook
  • Slack
  • Dropbox
  • Googleサービスの連絡先
  • Confluence
  • JIRA
  • Gmail
  • Googleドライブ
  • Github
  • Onenote
  • Salesforce
  • Todoist
  • Yammer
  • Stack Overflow
  • SharePoint
  • Googleカレンダー

試しにGithubとBoxを連携させて見ましたが、Boxについては検索結果に出ないファイルもあったので今の段階では過信は禁物かもしれません。

Mac App Store で見る

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment