Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

ファイルやソースコードなどをアップロードして共有『leetfiles』

カテゴリ:仕事効率化ユーティリティ
現在の価格: 無料
販売元:Jordan Koch
対応OS:10.10以降


ファイル・画像・動画・スクリーンショットやテキストをアップロードして、そのURLを相手に知らせることで共有できるサービス&アプリ。

主要プログラミング言語のシンタックスハイライトとアカウントを作らず匿名でも利用できるのが特徴。

leetfiles1

メニューバーアイコンへファイルをドラッグ&ドロップするか、「New Paste」ウィンドウへテキストを直接入力するかでデータをアップロードします。

スクリーンショットに限って自動的にアップロードする機能あり。

leetfiles2

サイトにアップロードするとこんな感じ。

綺麗にシンタックスハイライトされ、動画などはサイト上で再生できました。

無料のアカウントを作ってからでないと一度アップロードしたデータを削除できませんので、その点は注意が必要。

Mac App Store で見る

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment