Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Markdownを基盤としつつも美しくノートを取る『Bear』

カテゴリ:仕事効率化ユーティリティ
現在の価格: 無料
販売元:Shiny Frog di Matteo Rattotti e C. S.N.C.
対応OS:10.10以降


Markdown記法で編集ができるノートパッドアプリ。

The・Macアプリって感じで美しいインターフェースですし、ノートに付けることができるタグの機能がとても使いやすく、非の付けどころがありません。

MacとiOSアプリが用意されておりスタンドアロンの利用ならば無料。

それぞれのクライアントでデータを同期したいならば月・年額課金が必要です。

Bear

Markdown記法でメモを取ると、「Rich preview」という見易い見た目に変換されます。

画像を貼りたい場合はウィンドウへドラッグ&ドロップするだけで済みます。

ノートへのリンクも取得できるので、ノートからノートへのリンクも貼り放題ですし、URLスキーム形式なので別アプリからもこのアプリのノートへ飛べます。

ノートにタグをつけたい場合、ノートの文中に#Tag1 #Tag2というふうに書くだけでつけられます。

タグは自動的にリンクになり、クリックするとそのタグをつけたノートが絞り込み表示されます。

#Tag1/Tag2という風に間に「/」を入れると親タグ・子タグというようなタグをつけられ、タグをフォルダのようにも使うことができます。

Mac App Store で見る

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment