Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Safariのピクチャ・イン・ピクチャのウィンドウを好きな位置へ動かす方法

macOS Sierra(個別記事)のSafariで使えるようになった、Webページ内に貼られているHTML5ビデオを切り離して別ウィンドウとして表示できる機能がピクチャ・イン・ピクチャです。

そのピクチャ・イン・ピクチャはデスクトップの4隅のいずれかにしか配置できませんが、好きな場所へ移動させることができるTipsが9TO5Macで説明されていたのでご紹介。

pip_movable

ウィンドウ移動時にCommand ⌘キーを付け加えるだけです。

ちょっとでもウィンドウを動かすと、また隅へシュッと戻っていってしまいます。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment