Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

macOS Sierraで「すべてのアプリケーションを許可」の設定を復活させる

Ask Differentに掲載されていた情報

macOS SierraからGatekeeperの仕様が変わり「システム環境設定」 > 「セキュリティとプライバシー」 > 「一般」の「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」から「すべてのアプリケーションを許可」のオプションがなくなりました。

sierra_gatekeeper

マルウェアなどの侵入を防ぐためですが、これでmacOS Sierra以降のMacでは原則Gatekeeperを介さないアプリケーション起動ができなくなりました。

まあGatekeeperがあろうと、右クリックからアプリごとに実行許可を与えることができる(個別記事)ので普段の使用には特に不都合はありませんが、どうしてもすべてのアプリケーションの実行を許可したいという方は以下のコマンドをターミナルで実行して再起動をすると「すべてのアプリケーションを許可」のオプションが復活します。

sudo spctl --master-disable

元に戻すには以下のコマンドをターミナルで実行

sudo spctl --master-enable

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment