Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

クラウドストレージをローカルドライブのようにマウント『CloudMounter』

カテゴリ:仕事効率化ユーティリティ
現在の価格: ¥240
販売元:Eltima LLC
対応OS:10.10以降

期間限定でディスカウントセール中。

クラウドストレージをUSBメモリやSDメモリーカードを差し込んだ時と同じようにFinder上にマウントさせ、ローカルファイルと同じように扱えるようにするアプリ。

Webブラウザで各種サイトにアクセスしたり、クラウドストレージそれぞれの専用クライアントを使うよりも、いつも通りのFinder操作でファイルを扱えるので利便性に優れます。

CloudMounter1

対応サービスはFTP・SFTP・Dropbox・Google Drive・Amazon S3・OneDrive・WebDAV。

多くはないけれど真に重要なサービスは抑えてきています。

CloudMounter2

実際にGoogle DriveをFinderにマウントさせたところ。

メニューバーから登録したクラウドストレージをマウントしたりあんマウントしたりの操作ができます。

キャッシュ領域にクラウドストレージ上のデータをダウンロードしてきて、擬似的にマウントしているようなので、サイズの大きいファイルなどを編集してすぐにこのアプリを終了させてしまうとクラウドストレージ上では変更は反映されていないというような事態は起こりえます。

Mac App Store で見る

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment