Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

イメージフィルタを自作できる画像編集アプリ『Blurate』

カテゴリ:写真グラフィック&デザイン
現在の価格: 無料
販売元:Advanced Kernels, LLC
対応OS:10.6.6以降

イメージフィルタを選んで、読み込んだ画像全体にその効果を適用させる編集アプリ。

最初からある程度の数のイメージフィルタが用意されていますが、かなり細かい設定にまで手を入れた新たなイメージフィルタを作成できます。

Blurate

ウィンドウのタイトルバー直下に各種アイコンが並んでいますが、ディスプレイに筆を入れているようなアイコンをクリックするとイメージフィルタの編集・作成ができる「Kernel Disigner」ウィンドウが表示されます。

作成したイメージフィルタは、ファイルとして書き出すことができるので、他のユーザに使ってもらうこともできます。

Mac App Store で見る

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment