Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

リッチテキストエディタのようにMarkdownを書くことができる『TextNut』

カテゴリ:仕事効率化ユーティリティ
現在の価格: 無料
販売元:Edgenius
対応OS:10.10以降

Markdownはプレーンテキストで書けて手軽だけれど、記法を覚えておかなければならないし編集画面と書き出されるHTMLの結果の見た目に齟齬がある。

リッチテキストエディタ(WYSIWYG)は編集画面とHTMLの見た目が一致していてわかりやすけれど、ツールバーボタンなどを押さなければ編集できないので面倒臭い。

ならばその両方の良いところだけを取り出したら最強のMarkdownエディタになるんじゃね?的なMarkdownエディタ 兼 ノートパッド。

Markdown記法で書くとリッチテキストエディタのようにその場でプレビュー展開されるし、リッチテキストエディタのようにMarkdown記法を一切使わなくても編集可能です。

TextNut


Editing in rich mode 投稿者 dapeng-ni

文字や行を選択するとツールパネルがポップアップ表示され、文字に対する装飾などができます。

編集したMarkdownドキュメントはライブラリの中に保存され、タグによる分類が可能。

WordPress・Medium・Bloggerと連携してブログエディタとして使うことも可能です。

Mac App Store で見る

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment