Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Webページの画像やテキストなどの要素を入れ替える『Funny Fake』

カテゴリ:エンターテインメントユーティリティ
現在の価格: 無料
販売元:Lyashenko Pavel
対応OS:10.10以降

指定したURLのWebページを開いて、画像やテキストなどの要素を入れ替えて、選択した範囲のスクリーンショットを撮って共有するジョークアプリ。

同等のことはWebブラウザ付属の開発者ツールなどを使えばできますが、クリックだけで画像を差し替えられるのが便利。

Funny_Fake

URLを読み込んだ後、ロケーションバー横にあるツールバーアイコンをクリックすると編集開始。

画像やテキストをクリックするとポップアップが表示され、画像を差し替えたり、表示されている画像を保存して再利用したりできます。

Mac App Store で見る

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment