Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

「写真.app」は頑なにオリジナルファイルを触らせてくれない

写真管理アプリである「写真(Photos).app」は「iPhoto」と比べて動作が非常に軽く、とても気に入っているので常用しているのですが、オリジナルファイルに頑なに触らせてくれない仕様なことに気が付きました。

photos_disable_reveal_finder1

iPhotoでは写真のサムネイルを選択しておいて「ファイル」 > 「Finderに表示」 > 「オリジナルファイル」でFinderウィンドウにオリジナルファイルを表示してくれていたのですが、「写真.app」では該当メニューがありません。

「iCloud フォトライブラリ」機能との兼ね合いか、ファイルディレクトリを意識させないようにオリジナルファイルを触りにくいようにしているのでしょう。

似ているメニューとして「参照ファイルをFinderに表示」という物があるのですがグレーアウトしていて選択できないようになっています。

「参照ファイルをFinderに表示」は「写真.app」のライブラリ内にない写真を表示するメニューなので、普通に「写真.app」を使っている限りオリジナルファイルを触らてもらえないと言っても過言ではないと思います。

AppleScriptやAutomatorを使って何とかならないかとネット上を調べ回ってみましたが、現状では「写真.app」からオリジナルファイルをFinderウィンドウに表示させるのは無理なようです。

他アプリから「写真.app」で管理している画像を使いたい場合

  • 「写真.app」のサムネイルをデスクトップなどへドラッグ&ドロップしてコピーファイルを作成してから、別アプリで開く
  • 「写真 Library.photoslibrary」を右クリックしパッケージを開き、階層を辿って目的のファイルを探す
  • Mavericks以降の拡張機能に対応したアプリで開く

以上の手間を踏む必要があり、iPhotoの時のようにサムネイルを右クリックからオリジナルファイルを表示→別アプリで編集→別の場所に書き出し保存というのが気軽にできなくなりました。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

2 Comments

HALO  

ファイル>書き出す>「未編集のオリジナルを書き出す」でオリジナルファイルを書き出せます。

2015/04/28 (Tue) 12:22 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/28 (Tue) 19:33 | EDIT | REPLY |   

Add your comment