Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

ただ開く。それだけでWindowsアプリが実行できる『EasyWine』

現在の価格: 無料
販売元:mattintosh note
対応OS:10.6以降

WineというWindows以外のプラットフォームでWindowsアプリを動かそうというプログラムを日本語環境のMacで使いやすくしたアプリです。

基本EasyWineのアイコンへexeファイルをドラッグ&ドロップするだけで該当プログラムが起動しますし、ファイルの「情報を見る」を表示し「このアプリケーションで開く」を「EasyWine.app」にして「すべてを変更…」にしておくと、以後exeファイルを開くだけでプログラムが起動するようになります。

EasyWine

画像はIbというホラーゲームを起動してみた所。

MonoやGeckoなどのフレームワークもインストールすることができるので大抵のアプリは動きます。

他のWine系のアプリと違い起動時にはDockやメニューバーを隠すような設定になっているので余計なものに気を取られなくて済みます。

仮想Windows環境や設定は「Caches」フォルダ以下に保存されるので、キャッシュクリア系のアプリを使うと構築した環境がすべて消える恐れがあるので注意が必要です。

ダウンロードサイトを開く

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment