Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

シイラ

シイラのアイコンSafariを将来凌ぐかもしれない万能Webブラウザ

Safariが使えなくなったら、どうする?と聞かれたら。
大抵の人が「Firefox」や「Camino」を使うと答えるでしょけど、僕はシイラをお勧めしたいです。

Safariと同じくらい表示されるのが速くて(Safariと同じWebkit使っているから当たり前か)Safariにはない機能がふんだんに盛り込まれています。

■「Tab Exposé」

タブで開いている複数のページを「Exposé」と同じように表示する。

シイラの「Tab Expose」


写真でわからないけど上のiPodが表示されているページは動いてます。

■「ページ遷移エフェクト」

Webページを進む、戻るが本のページをめくるように実行される。(けっこう感動的!)

シイラの「ページ遷移エフェクト」


だけど日常的にはページ表示が遅くなるので使わないほうがいい機能です。

■「リンクをタブでまとめて開く」

読んで字のごとし。けっこう便利。

■テキストエンコーディングの自動判別

Safariで文字化けするサイトが多々ありますが(※)自動的にテキストエンコーディングを判別してくれて、文字化け知らず!
(※原因はSafariが悪い訳ではなく、サイト制作者側の責任)

■便利なサイドバー

Safariのブックマークは非常に使いにくいですが、シイラならサイドバーでブックマークの管理ができます。
他にも便利な機能が目白押し。

シイラのサイドバー


こんなに凄いWebブラウザが個人のプロジェクトで作られているのだから驚きです。

では何故「Safariを将来凌ぐかもしれない」と「将来」や「かも」を用いて書いたかというと

■「キーチェーン」に対応していない。
■新機能を実験的に搭載しているので、動作が安定していなく、若干Safariより遅い感じがする。

の二点でSafariに劣っているからです。(特にキーチェーンに対応していないのが、Safariからシイラにメインブラウザを移すのに二の足を踏む理由)

メニューバーの「シイラ」>「環境設定」>「ブックマーク」で簡単にSafariやFirefoxのブックマークをシンクロさせることができるので、サブブラウザとして併用して使ってみてはいかがでしょうか?

シイラの環境設定


ダウンロードサイトを開く

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment