Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

iTunes 11でシャッフルのオン⇔オフをトグルするAppleScript

iTunes 11より前のバージョンのiTunesではプレイリスト単位でシャッフルするかどうか設定でき、シャッフルの設定を操作するAppleScriptも下記のような簡単な物ですみました。

tell application "iTunes"
set shuffle of library playlist to false
end tell

しかしiTunes 11にはプレイリスト単位のシャッフル機能はなく上記のコードではエラーがでてしまうので、iTunes 11用のシャッフルのオン⇔オフをトグルするAppleScriptを考えました。

check()

tell application "System Events"
tell process "iTunes"
click menu bar 1's menu bar item 6's menu 1's menu item 15's menu 1's menu item 1
end tell
end tell

on check() --via http://d.hatena.ne.jp/zariganitosh/20090218/1235018953
tell application "System Events"
if UI elements enabled is false then
tell application "System Preferences"
activate
set current pane to pane "com.apple.preference.universalaccess"
set msg to "GUIスクリプティングが利用可能になっていません。
\"補助装置にアクセスできるようにする\" にチェックを入れて続けますか?"
display dialog msg buttons {"キャンセル", "チェックを入れて続ける"} with icon note default button 2
end tell
set UI elements enabled to true
delay 1
tell application "System Preferences" to quit
delay 1
end if
end tell
end check

itunes11_shuffle

How to set iTunes 11 in shuffle or repeat mode via applescriptという記事のAppleScriptを日本語環境でも動くように修正・簡略化し、GUIスクリプティングの判定をザリガニが見ていた…。さんからお借りしただけです。

AlfredやLaunchBarなどのランチャーからシャッフルのオン⇔オフを切り替えられて便利。

iTunesのメニューアイテムを操作するAppleScriptなので、iTunesバージョンアップによりメニューアイテムの構成が変わったら動かなくなります。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment