Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Mountain LionのTwittter連携機能をAppleScriptから利用『Twitter Scripter』

カテゴリ:ソーシャルネットワーキング開発ツール
現在の価格: 無料
販売元:David Blishen
対応OS:10.8以降

Mountain LionからサポートされたTwitter連携機能をAppleScriptから利用できるようにするバックグラウンドアプリケーションです。

このアプリをインストールすればOAuth 認証を気にせずにTwitterの様々な機能を使えるようになります。

Twitter_Scripter

利用には「システム環境設定」 > 「メール/連絡先/カレンダー」でTwitterアカウントを登録している必要があります。

公式で分かりやすいサンプルが掲載されているので以下具体的な使い方を抜粋。

指定したアカウントでツイート
tell application "Twitter Scripter"
tweet "ツイート本文" using account "Twitterアカウント名"
end tell
利用できるアカウントをリスト形式で取得
tell application "Twitter Scripter"
set availableAccounts to available accounts
end tell
指定したアカウントのリプライをレコード形式で取得
tell application "Twitter Scripter"
fetch mentions timeline using account "Twitterアカウント名" returning entries 10
end tell
指定したアカウントのホームタイムラインをレコード形式で取得(リプライを除く)
tell application "Twitter Scripter"
fetch home timeline using account "Twitterアカウント名" returning entries 10 with full user information and excluding replies
end tell
指定したアカウントでTwitterを単語で検索して、結果をレコード形式で取得
tell application "Twitter Scripter"
search for "検索語句" using account "Twitterアカウント名" returning entries 10 result type "recent"
end tell

Mac App Store で見る

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

1 Comments

井上 勇  

井上 勇です。
今回、コメントさせていただきます。
また見せていただきます。

2013/07/08 (Mon) 18:22 | EDIT | REPLY |   

Add your comment