Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Alfred vs LaunchBar 最強ランチャーはどっち?

完全主観で最強のランチャーを決めよう

Alfred_vs_LaunchBar

アプリケーションやファイルをキーボードから起動できるのがランチャーです。

Spotlightからでもファイルやアプリを開けるのですが、指定したファイルを特定のアプリへ引き渡したり、iTunesを操作したり、AppleScriptやAutomatorを実行したり、辞書や電卓機能を使えるので僕はランチャーを重用しています。

そこで迷うのがランチャー選び。

現在Mac界ではAlfredLaunchBarが定番であり2大巨頭ですが、機能は拮抗しており甲乙つけがたい。

だからこそ細かく比較し、どちらが最強(より僕好み)なのか決めたいと思います。

ランチャーを導入していれば最も使うアプリはランチャーになるので自分に最もあったランチャーを見つけることができればMac生活も快適になること請け合いです。

広告

比較表

比較対象 Alfred LaunchBar
モダンさ
起動の速さと動作の軽さ ×
ファイルブラウジング能力
自動化
多機能
キーボードとの親和性
お値打ち
人気度

動作GIFアニメ

「検索したテキストファイルをCotEditorに引き渡して開く」「検索語句をGoogleで開く」「計算する」という動作をAlfredとLaunchBarでそれぞれ撮影しました。

GIFアニメ作成にはGifzoを利用。

GIFアニメをクリックするとGifzoのサイトが開き、さらにサイズの大きな物が見られます。

Alfred

Alfred Gifzo

LaunchBar

LaunchBar Gifzo

お値打ちなのはAlfred

LaunchBarもAlfredも機能はほとんど一緒です。

なので3000円くらいのLaunchBarに比べ1000円も安いAlfredにお値打ちさでは軍配が上がります。

見た目・機能ともにモダンなのもAlfred

AlfredはLaunchBarと比べウィンドウが広く文字も大きく見やすいです。

さらにテーマ切り替え機能があり公式フォーラムでテーマがたくさん投稿されてもいるので、自分の好みの見た目に変えられます。

Alfred_theme

自動化に関してもAlfredはブロックを組み立てるように自動化を実現するWorkflow機能があり、LaunchBarより一歩先を行っています。

動作の軽さでもAlfred圧勝。

LaunchBarは起動後数秒は操作を受け付けませんが、Alfredはすぐに操作ができます。

また2000個ほどファイルが入っているフォルダでファイルのリストを見ようとすると、LaunchBarではレインボーサークルが回り長い時間固まってしまいますが、Alfredではほんの少しラグがあるだけでサクサク閲覧できます。

後述の利点がなければ他の人に勧める場合まずAlfredを選びますね。

機能はどちらもほぼ同じだがLaunchBarにしかできないことがある

  • アプリケーション・ファイルランチャー
  • iTunes操作
  • クリップボード拡張
  • スニペット
  • 自動化(AlfredはWorkflow、LaunchBarはAppleScriptとAutomator連携)
  • 電卓
  • 辞書

上記のような機能が両ランチャーともに使えるのですがLaunchBarにはvimライクなファイルブラウジング機能(後述)と省略名登録機能があります。

ホームポジションから極力指を離さないですむのはLaunchBar

vim_launchbar

vimライクなファイルブラウジング機能でもそうですが、ホームポジション(キーボードに指を置く時の場所)から指を離さないでリスト項目を選択できるのがとても大きいLaunchBarの利点です。

Alfredはリスト項目を選択するのにはControl + N or Pなemacsライクで両手の指を動かす必要があります。

それに比べLaunchBarはControl + J or Kで操作ができ、ホームポジションから左手の小指をキー一つ分しか動かさなくてもいいのです。

ランチャーに求めるものとは

せっかくランチャーを使っているのだから極力ホームポジションから指を離したくありません。

毎日使い込む物だからこそ少しの指の動きだろうと積み重なり大きな無駄になります。

また指定したファイルを指定したアプリで開く「Open with」機能を多用するのですがAlfredは「アクション選択」を挟まなければなりません。

その点LaunchBarはTabキーでダイレクトに「Open with」アクションに移れます。

なのでAlfredに機能では少しずつ劣っていようとも僕にとって最強のランチャーはLaunchBarです。

一時期AlfredのWorkflowの便利さに浮気していましたが帰ってきました。

しかしファイルでも複数のアプリで使い分けるという使い方をしているから最強がLaunchBarになっただけで、ファイルやアプリを起動するという単純なランチャーとしての機能だけならAlfredが抜群に素晴しいです。

どちらも素晴しいランチャーであることには間違いないので最終的な判断基準は好みになってしまいますね。


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

3 Comments

Keizo  

自分もまったく同じ理由で LaunchBar に戻ってしまいました。ほんの一手間なのですが、その一手間が省けると、結構気持ちいいんですよね。

2013/07/03 (Wed) 12:23 | EDIT | REPLY |   

MON  

わかり易かったです。ありがとうございました。

2013/07/03 (Wed) 17:24 | EDIT | REPLY |   

veadar  

Keizoさんもそう感じておられたのですか!

LaunchBar仲間がいて嬉しいです。

>MONさん

こんな記事があなたの役に立てたのなら嬉しいです。

2013/07/03 (Wed) 18:37 | EDIT | REPLY |   

Add your comment