Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Googleリーダー終了の今、RSS愛好家はどうすべきか考えてみた

Googleリーダーが7月1日に終了。どうしよう……

と主に僕が焦っているので今後どうするか考えてみました。

Googleリーダーが終わるとか信じ難いのですが下記公式ブログで告知されているので夢ではないようです。

http://googlereader.blogspot.jp/2013/03/powering-down-google-reader.html

TwitterやFacebookなどのソーシャルサービスや、Gunosyのようなキュレーションサービスの台頭により情報収集におけるRSSリーダーの重要度は落ちたとはいえ、RSSリーダーにはRSSリーダーにしかない良さがあるのでRSS愛好家はGoogleリーダーの代替を7月までに探して移行しておかなければなりません。

利用アプリが対応してくれるまで待ってみる

GoogleリーダーのAPIを利用しているRSSリーダーの多くは、Googleリーダー終了と共に開発終了になってしまうでしょう。

しかしFeedlyとReederは引き続きサービスを提供することを宣言しています。

http://blog.feedly.com/2013/03/14/google-reader/

特にFeedlyはサードパーティーにもAPI受け入れを表明していますし、他にも名乗りを上げる開発元が現われるかも知れません。

今慌てなくても待っているだけで愛用しているアプリの開発元が何とかしてくれるかもしれないので、六月くらいまで情勢を伺ってみるのも一つの手です。

雑誌のようにぱらぱら見れるけれどフィード消化効率が悪い『Feedly』

feedly1

ポストGoogleリーダーとして今一番注目されているであろうRSSリーダーがFeedlyです。

Googleリーダーがサービス提供を終了するのを見越して、GoogleリーダーAPIクローンを既に用意していたという気合いの入りよう。

記事ごとのサムネイル画像が表示され、見ていて非常に楽しいです。

iOS・Android・Google ChromeFirefoxと、どのような環境でも使えるのが魅力。

ただキーボード操作との相性は悪く、大量のRSSを消化したい人には向かないと思いました。

フィード消化の効率は良いけれど今後続くか心配『Reeder』

カテゴリ:ニュース
現在の価格: ¥1,200
販売元:Silvio Rizzi
対応OS:10.10以降


Mac App Store で見る

Mac・iOSユーザーには最もお勧めなGoogleリーダークライアント。

同期の速さと使いやすさは圧倒的。

ただFeedlyと違いWebサービス提供のノウハウはないはずなので、心配でもあります。

Livedoor Readerに移行してみる

http://reader.livedoor.com/

Googleリーダーに見捨てられても僕らにはLivedoor Readerがあります。

読み終えたフィードを全文検索する機能はないものの、動作は爆速。

Googleリーダー移行狂騒でアクセス過多に陥り碌にアクセスできなくなっているライバルと比べ、普通に繋るのは技術力の高さが伺えます。

各種プラットフォーム専用のクライアントも結構揃っているので慣れれば今まで通りのフィード消化生活が送れそうです。

iOSならばオフラインでも読める『LDR touch』と速さ重視の『AeroReader』がおすすめ

データをキャッシュしてオフラインでも読めるLivedoor Readerクライアント『LDR touch』

カテゴリ:ニュースビジネス
現在の価格: 無料
販売元:Katsumi Kishikawa
対応OS:iOS1.3以降

LDR touch1

LDR touch3

電波が通じない所やiPhoneをWi-Fi運用していて前もってデータをキャッシュして使いたい人におすすめのLivedoor Readerクライアント。

動作が軽快なLivedoor Readerクライアント『AeroReader』

カテゴリ:ニュース仕事効率化
現在の価格: 無料
販売元:Satoshi Nakagawa

ss1

無料なのに広告なしでなんともありがたいLivedoor Readerクライアント。

Webサービス連携を諦めローカルRSSリーダーに立ち戻ってみる

スマートフォン連携を諦め、ローカル環境だけで動かすRSSリーダーに立ち戻ってみるのも手です。

Googleリーダーが隆盛を極める前はみんなスマートフォン同期など考えずローカル環境だけで漢らしくフィードを消化していたのです。

やってやれないことはないでしょう。

Macで使えるRSSリーダークライアントの中で一番のお勧めはViennaです。

Vienna

Googleリーダークライアントにパイを食われ開発を終了していく他RSSリーダーを尻目に連綿と開発が続けられています。

オープンソースなので収益性が悪いからと開発が終了されることがありません。

じゃあどうするのか

僕はReederの対応具合を見て上手くいきそうならばReederの継続利用、不安に感じたらLivedoor Readerに移行してみようと思います。

今回改めてViennaを使ってみてかなり良いと思ったのですが、やはりスマートフォンを利用しての空き時間のフィード消化は何ものにも代え難いと思うのでローカルRSSクライアントは選択肢としてありえません。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

2 Comments

通りすがり  

Google Readerを愛用しているので、移行先を探していました。

個人的には、Feedlyが良さそうです。

> ただキーボード操作との相性は悪く、大量のRSSを消化したい人には向かないと思いました。

Todayをご覧になってますか?
左のメニューアイコンから、Allを選ぶと、リスト形式で表示され、Google Readerに近い形で見えますよ。
また、キーボードのショートカットも、Google Readerに近づけているので、
JとKで項目の行き来、Vでサイトを開いたりなど、ストレス無く、移行できそうです。
あとは、移行作業等もなく、Googleのアカウントでログインしたら、すぐに、
フィード、既読未読、スターなども移行されたのも、ポイントが高いです。

2013/03/15 (Fri) 09:44 | EDIT | REPLY |   

さわ  

こちらにもRSSリーダーまとまってました!
http://www.p-nest.com/hold/detail.php?seq=28

2013/03/15 (Fri) 20:12 | EDIT | REPLY |   

Add your comment