Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

VirtueDesktops

Virtueのアイコン仮想デスクトップマネージャ


「DesktopManager」からインスピレーションを得て作られた(英語を読む限りたぶん)「VirtueDesktops」
「アクティビティモニタ」で見る限り、DesktopManagerよりメモリは消費していますが、CPUの消費は少ないです。

Virtue2


「Preferences…」>「Triggers」でホットキーを設定してよりよい環境に。

Virtue3


デスクトップ切り換えは
Command ⌘Option+
Option+Tabの「desktop overlay pager」
メニューバー
などから切り替えます。

「Inspection」>「Desktop」でいくらでもデスクトップを増やせます。

ダウンロードは
VirtueDesktopsさんの
「Downloads」より
ダウンロードする

追記 06/06/19:
VirtueDesktopsをよりよく使うためのパッチがあります。

「SmackBook」

モーションセンサを利用して叩くと画面が切り替わる。



「ShadowBook」

環境光センサを利用して、手をかざすなどしてセンサ周辺が暗くなると画面が切り替わる。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  Virtuedesktops
  •  Mac暦は1年半ほどなので、まだ色々と試しているところです。その中で…
  • 2007.02.06 (Tue) 09:56 | ROUTE 436の関心空間