Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

インターフェイスが一新したiTunes 11の特に目立った変更点

待ちに待ったiTunes 11がやっとリリースされました。

アップデートはソフトウェア・アップデートより。

http://www.apple.com/jp/itunes/

最初に総評を書いてしまうと、iTunes 11は綺麗で分かりやすいインターフェイスになり動作も非常に軽いです。

なくなってしまった機能(iTunes DJやCoverFlow)は戻して欲しいと思いますが、iTunes 10以前より確実に使いやすくなったと思います。

以下実際に触ってみて感じた感想と変更点を書いていきます。

明るい印象になったアイコン

iTunes11_icon

まずはアイコン。

音符が黒から白になりました。

どのようにアイコンが変化してきたのか気になりGoogle画像検索で調べてみたのですが、結構ダイナミックに変化してきているのですね。

itunes-icon-history

画像はiTunesがリリースされた時から10までのアイコンを並べた物でtechniat.netより転載。

iTunes 10からCDとの関連性を断ち切ったデザインになっています。

キャッチーなアルバム表示

一番変わったしApple的にもこれを一番推しているんだろうなと推察できるアルバム表示。

iTunes11_1

タイル状に並べられたアルバムアートワークをクリックするとがぱっと下の部分が開き、曲リストが表示されるようになっています。

開いた部分の背景色はアートワークと同じ色になっており何ともシャレオツ。

アルバム表示以外はこんな感じ。

iTunes11_2

デフォルトではライブラリやプレイリストを切り替えるサイドバーが表示されなくなりました。

「表示」 > 「サイドバーを表示」で表示させることができます。

もっとも選択した曲をプレイリストなどに追加したい場合、曲をドラッグし始めると右サイドにプレイリストが表示されるので常に表示しておく必要はないかも知れませんね。

iTunes11_3

選択した曲を再生リストに継ぎ足していく「次はこちら」

「この曲が終わったら次はこの曲を再生したい」というような時に便利なのが「次はこちら」

次に再生したい曲をリストに継ぎ足して順次再生していく機能です。

iTunes11_4

「次はこちら」リストを表示したい時は、iTunesウィンドウ上部のリストのようなアイコンをクリックします。

再生履歴も見ることが可能。

iTunes11_5

「次はこちら」に曲を追加するには曲を選択して右クリック

「次に再生」を選択すると「次はこちら」リストの先頭に、「"次はこちら"に追加」を選択すると「次はこちら」リストの最後尾に選択した曲が追加されます。

純正こそが最強「ミニプレーヤー」

iTunesのウィンドウの最小化ボタンをクリックすると表示できていた「ミニプレーヤー」が大幅にパワーアップしました。

iTunesウィンドウ右上、フルスクリーンアイコン左横のアイコンをクリックすると「ミニプレーヤー」に切り替えることが可能。

iTunes11_6

オンマウスの時はiTunesコントローラーが、そうでない時は再生している曲の情報が表示されます。

iTunes11_7

虫めがねアイコンをクリックするとiTunesライブラリ内の曲を検索できます。

検索結果が表示されるのが一瞬で気持ちが良い。

この検索結果からも「次はこちら」に追加することが可能です。

iTunes Storeで買った曲はライブラリになくてもiCloudから直接再生

iTunes Storeから購入した曲はiCloudから直接再生できるようになりました。

もちろんダウンロードしてiTunesライブラリに保存することも可能です。

横スクロール前提になったiTunes Store

iTunes StoreがiOSデバイスと同じように表示させるために横スクロール前提になりました。

iTunes11_9

表示される情報は多くなったものの、マウスで操作し辛いだろうし「リスナーはこんな商品も購入しています」が見にくいし個人的にはない感じです。

Webカメラで読み込めるようになったiTunes Card/コード

手打ちで入力しなければならなかったiTunes Cardのコードが、Webカメラからバーコードを読み込ませるだけで入力できるようになりました。

iTunes11_8

なおMountain Lion以降だけの機能らしいです。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment