Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

選択した文章を句読点などで区切りスライドショーのように読む『fullscreen text slideshow』をさらに改良しました

自分が作ったアプリの中でも特にお気に入りのソフト「fullscreen text slideshow」をアップデートしたのでしつこく宣伝させてください。

選択した文章を「、」や「。」などで区切り、区切った文章をフルスクリーンで順番に表示するアプリです。

パソコンで三行以上の文章は読めないしどこまで読んだかわからなくなって目線がうろちょろしちゃうので作りました。

fullscreen_text_slideshow

文章を選択してコンテキストメニューからサービスを実行するとフルスクリーンでテキストスライドショーが表示されます。

Shift + で次ページ

Shift + で前ページ

Shift + ESCでスライドショーを解除します

テキストファイルをQuickTime 7に渡してテキストスライドショーHTMLファイルを作りQuickLookでテキストスライドショーMenuBarAppleScriptのWebViewでテキストスライドショーと進化してきて、スタンドアロンアプリになりましたし動作も速くなりました。

コンテキストメニューで呼び出せて、CSSで見た目のカスタマイズが可能です。

ダウンロードする

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

2 Comments

名称未設定  

他のアプリケーションに戻ったとき、Shift + 左右が効かない気がします。

2012/10/21 (Sun) 23:18 | EDIT | REPLY |   

veadar  

Shift + 左右はこのアプリの左右に割り当てられてしまっているので、ESCで戻るのではなくCommand + Qで戻ってください。

2012/10/22 (Mon) 00:10 | EDIT | REPLY |   

Add your comment