Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

「リマインダー.app」を起動せずに新規リマインダーを作成する方法

Mountain LionからiCalから分離された「リマインダー.app」

そのリマインダー.appを起動することなく、新規リマインダーを作成する方法がMac OS X Hintsに掲載されていたので紹介します。

既存のリマインダーを見ることなく、とにかく追加だけしたいというような気分の時に便利。

まずAutomatorを起動して「書類の種類」をサービスにして開きます。(アプリやワークフローでも問題ないのですが、サービスにしておくとホットキーで呼び出せたり色々便利です)

New_reminder_from_Service1

開いたら左サイドのライブラリから「テキストの入力を求める」「新規リマインダー項目」を選んで順番に追加します。

「テキストの入力を求める」アクションの「質問」や「デフォルトの解答」を設定して、適当な名前(僕はNew reminder from Serviceとしました)を付けて保存したらリマインダーを追加するサービスの完成です!

New_reminder_from_Service2

「リマインダーを追加したいな」と思ったらサービスメニューから作成したサービスを実行してください。

ダイアログが表示され、とっても早くリマインダーを追加することができます。

Automatorで作成したサービスには各自ホットキーが割り当てられますので頻繁に利用する場合は「システム環境設定」 > 「キーボード」 > 「キーボードショートカット」で設定しておくと便利でしょう。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment