Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

天板にレーザー彫刻を施して世界でたった一つのMacにできるサービス『LES-4M』で実際に彫ってもらいました

オリジナルのデザインをレーザー刻印して世界でただ一つのMacにする

レーザーで表面のアルマイト皮膜を削り、MacBook ProやiPadなどの天板に好きなデザインを刻印してくれるサービス「LES-4M」が9月1日より開始しました。

http://les-4m.com/

Gizmodoなどでサービス開始前に紹介されておりとても興味があったのですが、LES-4Mの担当の方から連絡があり片道送料負担だけでサービス料金はタダで加工してもらえる運びとなったので、彼女のMacBook Pro 15-inchにレーザー彫刻を施してもらうことにしました。

デザイン打合せ→発送

メールでデザインの打合せ

支払い方法の選択

MacBookやiPadを発送

到着後1営業日で加工

注文から発送まで上記のような流れになります。

今回用意したデザインはこちら!

town

街のシルエットにAppleマークが月のように表示されたら素敵だと思い、SILHOUETTE DISIGNさんの素材を並べて作ってみました。

デザインは自分でゼロから考えてそのまま刻印したり、テンプレから選んだり、所属のイラストレーターの方に画像や印象を伝えてオリジナルの物を作ってもらえたりできます。

MacBookのテンプレは7つ、iPadのテンプレは3つあります。

les_4m_sample

今回MacBook Pro購入時の箱があったのでそれに詰めてゆうパックで送りましたが、梱包材がない方はクロネコヤマトのパソコン宅急便推奨です。

月曜日に福岡から発送して、木曜日に帰ってきました。

発送した場所によりますが、だいたい4~5日くらいで帰ってくると思っておいた方が良さそうです。

こんな感じになりました!

les_4m_mymac

LES_4M_kakou

一枚目が出来上がりの写真、二枚目が機械で加工中の写真です。

どのような機械で加工しているのか見たかったので無理を言って撮影していただいたのですが、レーザーで焼いているのが良く分かります。

完成品が届いて箱からMacBook Proを取り出した時、思わず「すっげぇ!」と呟いてしまいました。

それくらい自分のためだけのデザインが彫られているというのは興奮します。

特に観覧車部分の細かいデザインもちゃんと再現されていたので関心しました。

アルマイト皮膜をレーザーで剥がしているだけなので、削られた部分も特に段差はなくさっらさら。

ただQ and Aにも書いてあるのですが、端の部分(周囲2~3センチ程度)はカーブになっているため擦れます。

デザインの段階で擦れても大丈夫なように考慮しておきましょう。

汚れや凹みなどによっても出来上がりに差異が生じるので、出来るだけ綺麗にしてから送った方が良さそう。

気になるお値段は?

ALL1/21/4
iPad¥10,000¥6,500¥4,000
Macbook 11inch¥11,000¥7,000¥4,500
Macbook 13inch¥12,000¥8,000¥5,000
Macbook 15inch¥13,000¥9,000¥6,000

上記の表はテンプレや持ち込みデザインの時の基本料金。

所属のイラストレーターの方にデザインを頼む場合、基本料金+デザイン料になります。

右下などに小さく刻印するなら¥5,000円くらいから刻印できるのでプレゼントにも良さそうですね。

サービスの印象

まだ注文が殺到していないせいか、メールでのやり取りが非常に早く誠意を感じました。

テンプレがまだ少なく、デザイン料の目安などが記載されていないのが気になりましたが、まだ発展途上ということでしょう。

デザインを考えるのが得意で、自分のMacは他の人とは区別をつけたいという人にはかなりおすすめ。

注文する前に確認しておくべきこと

  • 端は擦れる
  • 汚れや凹みなどの要因でも擦れる
  • やり直しができない

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment