Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

[Mountain Lion] ファイルの保存場所のデフォルトをiCloudではなくする方法

Mountain Lion以降でiCloud対応アプリでファイルを保存しようとするとiCloud上が最初の候補になってしまいますが、それを以前のようにローカル保存を最初に表示するように変更する方法がMac OS X Hintsに掲載されていたので紹介します。

iCloud_to_Local-1

iCloud上にはたまにしかファイルを保存せず、保存はもっぱらローカルという人はこの設定をすると大分手間が減ることでしょう。

ローカルをファイルの保存場所のデフォルトにしたい場合はターミナルを起動して以下のコマンドを実行。

defaults write NSGlobalDomain NSDocumentSaveNewDocumentsToCloud -bool false 

iCloudがデフォルトの保存場所に戻すには以下のコマンドを実行します。

defaults write NSGlobalDomain NSDocumentSaveNewDocumentsToCloud -bool true 

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment