Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

真の自動化を手にいれよう。Macのすべての動作を記録させてホットキーで実行『QuicKeys』

QuicKeys_icon記事コメントで教えていただいて使ってみた所便利さにびっくり。

Macの操作を記録させて、ホットキーで記録させた操作を実行させるアプリです。

AppleScriptエディタやAutomatorでもMacの操作を記録させることができるのですが、対応アプリが少なくろくに記録もできません。

その点QuickKeysは座標指定でのマウスクリック、メニュー操作、GUIボタンのクリックなどをしっかり記録してくれるので、すべての動作が記録できると言っても過言ではありません。

QuicKeys

  • アプリケーション切り替え
  • メニュー操作
  • ダイアログ・Growl表示
  • テキスト入力
  • ファイル・フォルダを開く
  • コピー・移動・リネームなどファイル操作
  • デフォルトメールクライアントでメール作成
  • サーバに接続
  • デフォルトWebブラウザで指定されたURLを開く
  • Webフォーム入力(Safariのみ)
  • QuickKeys自体を操作する
  • Automator・AppleScriptを実行する
  • ターミナルコマンドを実行する
  • アプリのGUIボタンを操作する

以上の動作などを組合せて自動化を実現します。

記録させる以外にも自分でショートカットを編集できます。

QuicKeys1

GUI操作なので分かりやすいですね。

登録したショートカットは

  • ホットキー
  • 省略文字入力
  • ツールバー
  • メニューバー

上記のいずれかから実行できます。

QuicKeys2

省略文字入力はショートカットの実行以外にもテキスト挿入ができ、定型文を挿入する系のアプリを置き換えることができそうです。

30日間の試用期限があるシェアウェアですが、30日を過ぎても試用期限が過ぎた旨が表示されるだけで機能はそのまますべて使えるようです。

ダウンロードする

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment