Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

一定時間表示されていないタブのサイトの内容を破棄してメモリを解放するFirefox拡張『Dormancy』

一定時間(5分)表示されていないタブで開かれているサイトの内容を破棄してメモリを解放してくれるFirefox拡張です。

サイトの内容を破棄するので一定時間操作しなかったタブを表示する際にはサイトを読み込み直しますが、その代わりどれだけタブを開いても重くならなくなります。

Dormancy

タブが利用されていないと判定するまでの時間を変更するには、アドレスバーに「about:config」と入力してreturn

ウィンドウを右クリックで「New」>「Integer」

Dormancy2

「New Integer value」に「extensions.dormancy.TabDormancyAgeMs」と入力してOKをクリック

続いて表示される「Enter integer value」に判定するまでの時間(例えば60000で一分)を入力してOKをクリックします。

実験的な拡張なのでまだ動作が不安定ですが今後に期待です。

ダウンロードする

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment