Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

MikuInstallerの中身を入れ換えてより快適にWindowsアプリを動かす

なぜ中身を入れ換える必要があるのか?

MikuInstallerはWindows向けアプリをWindowsのインストールなしに、Macで起動できるようになるという手軽で凄いアプリです。

Wineを使って簡単にWindows用のソフトをMacで使える環境にしてくれる『MikuInstaller』 | Macの手書き説明書

ですが開発が止まって早三年。

MikuInstallerの中身であるWineが大分古い物になってきてしまって動かないアプリも多いので、中身を取り替えましょう。

一番確実なのは仮想マシン環境やBootCampにWindowsをインストールして動かすことですが、中身を入れ換えたMikuInstallerでも結構たくさんのアプリが動いて楽しいですよ!

入れ換えはドラッグ&ドロップするだけ!

用意するのはMikuInstallerWineBottlerのディスクイメージ。

本当はMacPortsなどでWineを自前でコンパイルするのがいいのですが、ものすごく時間がかかるので比較的新しいWineを同梱しているWineBottlerからWine.appをもらっちゃいます。

MikuInstallerとWineBottlerのディスクイメージをダウンロードしてきたらマウントして、「MikuInstaller.app」と「Wine.app」をデスクトップへドラッグ&ドロップします。

custom_MikuInstaller1

まず「MikuInstaller.app」を右クリックして「パッケージの内容を表示」

「Contents」>「Resources」>「Wine.bundle」を見つけたらさらに「パッケージの内容を表示」

「Contents」>「SharedSupport」を開いておきます。

次にWine.appも「パッケージの内容を表示」

「Contents」>「Resources」の中の「bin」「include」「lib」「Share」を選択して先程開いておいた「SharedSupport」の中へドラッグ&ドロップします。

custom_MikuInstaller2

これでMikuInstallerのバージョンアップ完了です!

実際にWindowsアプリを起動してみる

custom_MikuInstaller3

XQuartz

「東方紅魔郷 体験版」を起動してみました。

「MikuInstaller.app」をアプリケーションフォルダに移動させ.exeファイルをダブルクリックすればWindowsアプリが起動します。

画像ではXQuartzのウィンドウの中にアプリが表示されていますが、完全なフルスクリーンで表示させることもできます。

フォントは大事

デフォルトではフォントの表示がかなり残念です。

MicroSoft製品の体験版などからフォントを抜いてくるのが一番綺麗に表示されるのですが、めんどくさいのでwqy-microheiを利用します。

wqy-microhei.ttc - chinesepuppylinux - wqy-microhei 字体文件 - Chinese Puppy Linux Project | Chinese E-PUP Linux Project - Google Project Hosting

wqy-microheiは中国語を表示させるフォントなのですが日本語もちゃんと綺麗に表示されます。

「wqy-microhei.ttc」というファイルがダウンロードできたら「MikuInstaller」の環境設定を表示

custom_MikuInstaller4

「WINEPREFIX」タブの「C:ドライブをFinderで開く」をクリック

Finderで表示された「drive_c」フォルダを辿っていき「windows」>「Fonts」フォルダへ「wqy-microhei.ttc」を入れておきます。

うまく動かない場合は

フルスクリーンではなく仮想デスクトップをエミュレートすると動く可能性があります。

「MikuInstaller」の環境設定を表示

「WINEPREFIX」タブの「winecfg」をクリック

「画面」タブの「仮想デスクトップをエミュレートする」にチェックを入れましょう。

custom_MikuInstaller5

最近のWindowsのゲームはほとんどDirectXが必要で、DirectXの不具合で起動しないアプリも多いようです。

Wineの最新版にはDirectX相当の機能がありちゃんと動くのですが、別途入れた方がうまく動く場合もあるみたいです。

マイクロソフトのサイトからダウンロードしてきてインストールしてみてください。

いろいろ試してみた結果Windows Media Playerを必要とするアプリは動きませんでした。

もっと詳しく知りたい方は以下のサイトが大変参考になりましたのでリンクしておきます。

Intel MacでWindowsアプリケーションの動作確認するwiki

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/10/22 (Sat) 23:52 | EDIT | REPLY |   

Add your comment