Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Time Machineのローカルスナップショット機能を無効にする方法

LionにはTime Machineに指定したハードディスクが接続されていない時でも内蔵ハードディスク上にバックアップを作るローカルスナップショットという機能があるのですが、それを無効にする方法がOS X Dailyに掲載されていましたのでご紹介。

内蔵ハードディスクに余裕がなくて、ローカルバックアップを作ってもらって困る人は利用するといいでしょう。

ターミナルを起動して以下のコマンドを実行

sudo tmutil disablelocal

再度ローカルスナップショット機能を有効にしたい場合は以下のコマンドを実行します。

sudo tmutil enablelocal

ローカルスナップショットで作成されたバックアップを手動で削除したい人は、無効にしてからすぐに有効にすると削除されます。(via Lion がローカルにバックアップ作るのがうぜえ、よってチョイ消しする - Yarukidenized:ヤルキデナイズド)

sudo tmutil disablelocal && sudo tmutil enablelocal

ちなみにローカルバックアップに使用されているハードディスク容量はアップルメニューの「このMacについて」>「詳しい情報」>「ストレージ」から確認できます。

local_backup

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment