Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

『選択したテキストをフルスクリーンでスライドショーのように読むサービス』を改良しました

大きいディスプレイで長い文章を読むのが辛いから作りました。

表示される文字も大きいし、文章を短かく区切って表示させるので読みやすくなります。

以前の物はAutomator製のサービスで「QuickTime Player 7」のインストールが別途必要でしたが、改良版はServiceAppleScriptを利用して作り「QuickLook」でファイルを読むようにしたので、何か他のソフトをインストールする必要がありません。

fts

読みたいテキストを選択して右クリックから「fullscreen text slideshow」を実行します。

フルスクリーンで文章を見終った後はescを押してアプリを終了させてください。

Shiftを押しながらサービスを実行すると設定画面が表示

CSSで見た目をカスタマイズでき、デフォルトでは文章をで区切っていますが、その区切り文字も変更可能です。

アプリをインストールしてもサービス機能はオフになっていますので、システム環境設定>「キーボード」>「キーボードショートカット」>「サービス」から「fullscreen text slideshow」のチェックを入れてお使いください。

ダウンロードする

追記:さらに改良版をgithubに上げました。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment