Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Lionに対応していないアプリを調べる

元ネタはOS X Daily

Intel CPUに移行する前に作られたPowerPCだけで動くようなアプリは通常Intel Macでは動作しません。

それでも大きな混乱がなかったのはRossetaというPowerPCのアプリもIntel Macで動かしてしまえる機能があったおかげなのですが、Lion以降はRossetaが搭載されなくなるとのこと。

「Lionにアップグレードしたら昔から使っていたソフトが使えなくなった(´;ω;`)」というようなことがないように前もってどのアプリが対応していないかチェックしましょう。

やり方は簡単でメニューバーのアップルマークをクリックして「このMacについて」を表示

さらに「詳しい情報…」をクリックして「システムプロファイラ」を起動します。

起動したら「ソフトウェア」>「アプリケーション」を表示

そうするとインストールしているアプリケーションリストが表示され「PowerPC」と表記されているアプリがLionに移行すると使えなくなるアプリです。

システムプロファイラでPowerPCと表記のあるアプリはLionでは使えない

特定のアプリがLionに対応しているか知りたい場合はアプリをFinderで選択してCommand ⌘+Iで「情報を見る」を表示させて「一般情報」>「種類」を見れば確認できます。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment