Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

iPhoneに勝手に記録されているユーザーの行動履歴を地図上に表示『iPhoneTracker』

iPhoneがユーザーの行動履歴を保存していることが判明 - Touch Lab - タッチ ラボで詳細に解説されているのですが、iPhoneやiPadでユーザーの位置情報(経度・緯度・時刻)の履歴が十ヶ月分にも渡って保存されており、比較的容易にデータを取り出せるらしいです。

これは一度でもiTunesでバックアップを取ればそのマシンから自分の行動履歴がすべてバレてしまうのでセキュリティ的にとっても怖いことですが、自分が行った所がすべて記録されているのはやはり興味深い。

Washington DC to New York from Alasdair Allan on Vimeo.



iPhoneTracker

iPhoneTrackerはその行動履歴データを、地図上に分かりやすく表示してくれるアプリです。

一定時間ごとに携帯基地局の情報を記録しているので、携帯の電源を入れている間のすべての行動履歴を確認することが可能です。

ちなみに勝手に記録されている行動履歴はiPhoneをiTunesに繋いでバックアップを暗号化することで読み出しを避けることができます。

iPhoneTracker1


ダウンロードする

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment