Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Dock、Safari、Finderなどの隠し設定を有効にする『Hidden Settings』

ターミナルから設定できたり類似ソフトはあれど、設定を有効にしたらどのうように変わるのか画像で示してくれるので未知の設定を試す時でも不安にならなくてすみます。

Hidden Settings

できることは以下のとおり
  • Dock
    • 隠しているアプリのアイコンを半透明にする
    • Dockのアイコンが跳ねるのをすべてのアイテムに適用する
    • Stacksの選択されているアイテムの背景を白くハイライトする
    • Stacksのリスト表示をグリッド表示っぽくする。リストとグリッドのいいとこ取りな感じです
    • Dockに透明なセパレータを挿入する。仕切りとして使えます
    • Dockの3D、2D切り替え
  • Safari
  • Finder
  • その他
    • セーフスリープを有効にするか否か(ラップトップのみ)
    • Front Rowの映画の予告編をHD画質にするか否か
    • ヘルプビューアを常に前面に表示するか否か(Leopardのみ)
    • アーカイブユーティリティ、DiskImageMounter、CPUの設定をシステム環境設定からできるようにする
Finderウィンドウの上部へそのファイルのパスを表示するのと、Stacksハイライトがお勧めの設定です。

ダウンロードサイトを開く(10.6.2以降)

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment