Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Twitterなどのマイクロブログにホットキーでマルチキャスト、さらにそれぞれのTLを一本化してGrowlで表示できてしまうとんでもないアプリ『Afficheur』

現在の価格: 無料
販売元:Afficheur
対応OS:10.4以降



複数のマイクロブログにクロスポストしてくれるアプリは結構あります。

複数のマイクロブログのタイムライン(TL)表示に対応しているアプリも結構あります。

しかし表示の切り替えが必要だったりして、同時に複数のマイクロブログのTLを表示させることができるアプリはありません。

複数クライアントを立ち上げるのも、なんとなく気にいらなくて、やむなくTwitterだけクライアントを使って、他のサービスはブラウザで見たりしていたのですが「Afficheur」の登場によってそんな迂遠な方法を取る必要がなくなります。

「Afficheur」はTwitterJaikunowaWassridenti.caJiskoなどへクロスポストでき、さらにそれぞれのTLを一緒くたに表示してくれるアプリです。

Afficheur1

指定したホットキーを入力するだけで、いつでも気軽にポストできます。

基本GrowlでTLが表示され、そのGrowlスティッキーをShift+クリックでリプライ、OptionShift+クリックでFavorite/イイネ! 、貼ってあるリンクをWebブラウザで開きたい時はOption+クリック(この組合せは変更可能です)

またGrowlに頼らずTLを表示できるTLウィンドウも用意されています。

Afficheur2

シンプルな表示なのでおまけ的につけただけのウィンドウかなと侮っていましたが、これがまたとんでもなく高機能。

画像付きのポストはインライン表示してくれていちいち元画像を見に行く手間がなくなり、どこに飛ばされるかわからなくてクリックするのが怖い短縮URLは展開して元URLも表示して安心をもたらし、アイコンをクリックすればその人のポストを絞り込んで表示してくれ、まさに至れり尽せり。

TLウィンドウの見た目を自分でカスタマイズできる機能、絵文字機能、iTunes連携機能、ブラウザで今見ているサイトのURLをポストする機能、hashtagsやWassrのチャンネル名補完などに便利なサジェスト機能、気になる発言は見逃さないお気に入り機能などもあり、複数のマイクロブログサービスを使っていてどのクライアントを使っていいか迷っている人や、それ以外の全ての人にも是非試していただきたい素晴しい完成度のアプリだと思います。

ダウンロードサイトを開く

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment