Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

パワフルなウィルス除去ソフト『iAntiVirus』

iAntiVirusのアイコン
なかなか軽いし、見た目にも素敵なので常駐させておいてもいいかも知れません。

ウィルススキャン機能と、ダウンロードしたファイルにウィルスが含まれていそうな場合知らせてくれる常駐検知機能があります。

iAntiVirus1

「Scan my Mac」でウィルススキャンを開始します。

iAntiVirus2

「Quick Scan」でやってみたのですが、けっこう早かったです。

スケジューリング機能もあり、毎週や日毎に自動的にウィルスチェックをさせることもできます。

「Protect my Mac」機能をオンにしておくと、リアルタイムにウィルスからMacを守ってくれます。

iAntiVirus3

ウィルスだと判定されたファイルは自動的に隔離されます。

メニューバーのアイコン>「Preferences」>「Quarantine」から隔離されたファイルの確認、削除、間違えて隔離されたファイルの復元などができます。

iAntiVirus4

使ってみたところ、ウィルスだと判定されたのは2chのログだけでしたが、もしものために使い続けても損はないと思います。

ダウンロードは
PC Toolsさんの
「Products」>「Security Products」>「iAntiVirus for Mac OS X」>「Download」>「Start FREE Download Now!」より
ダウンロードする

追記:コメントで教えていただいたのですが、TimeMachineでバックアップがうまくできなくなる不具合があるようです。
TimeMachineのバックアップが失敗してしまう方は疑ってみると、いいかも知れません。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

4 Comments

takepipi  

不具合注意

ネットで探すとうちだけではないようですが
Leopard 10.5.5 Time Capsule 1TBの組み合わせで不具合がでました。
Time Machineが準備中から進まず
バックアップを始めることができずじまい。
mac miniとmacbookの両方で出たので再現性はあると思います。

iAntiVirus 1.1になっても変わっていなかったので
TimeMachineのバックアップに失敗する場合は疑って見るといいかもしれません。

いいソフトなので改善されるといいですね。

2008/10/10 (Fri) 20:11 | EDIT | REPLY |   

veadar  

なるほど、そんな不具合があるのですか!!

結構重大な不具合ですね。

Time CapsuleとTimeMachineを使っていないので知りませんでした。

2008/10/14 (Tue) 21:59 | EDIT | REPLY |   

彩館  

Snow Leopardで重宝しています

初めまして。
Windowsと異なってMacはネット接続先でも用途を限定しているのですが、昨今のGumbler問題もあって、積極的にウィルス対策に乗り出すことにしました。

記事は大変参考になりました。ありがとうございます。

2010/02/14 (Sun) 12:30 | EDIT | REPLY |   

BAT-R  

これはいい( ´∀`)bグッ!度

無料でここまでしてくれるとは...

ありがたいです

2011/04/04 (Mon) 20:05 | EDIT | REPLY |   

Add your comment